つくり続けるまいにち      犬猫にまつわることなど。。。

まいにち何かをつくります。犬猫にかかわる出来事などやボランティアの記録など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーギョーチ以外の台湾

 わ~ら~べ~は~みいたあり~
のなかのば~ら~

冒頭すぐにこの曲が流れ、、

幼少の記憶がよみがえり 泣きそうになる。

シューベルトの『野バラ』。

子供の頃の子守唄のひとつだった。

生きていたらおかんと同じくらいの年齢の

台湾のじーさんが日本語で唄ってる場面が出てくる。

そうか 台湾も日本の統治下だった時期が過去の歴史であったんだった。。と。






「海角七号を観たか?」が挨拶代わりになるほど

この映画が社会現象化され台湾では空前の大ヒットだったよう。。。

日本人教師が台湾人の教え子と恋に落ちるが

敗戦によって教師は日本に帰る事になり

引き上げ船に乗った教師が日本に着くまでの7日間

尽きせぬ想いを手紙に綴る。

同じような恋が芽生えた二人が橋渡しとなり

60年の時を超え

配達される、、、、


台湾でも大人気の「地上で最も美しい歌声」の中孝介が出演。

でもつっこみどころやそれはどうかな?ってとこは満載で

前半のドタバタは後半にまで持ち込まれどうなることかと、、、、



しかし引き揚げ船が出発する別れのシーン。

教え子が白い帽子に白いスーツ そして大きな荷物を持って

あきらかに見送りではなく自分も日本にいくかのごとく、、と

それでも控えめに教師の姿を探すところなんかは本当に胸を打たれる。

そしてそれが永遠の別れとなってしまう。

そう、ここではほとんど描かれてない

教え子の気持ちを考えるとこれはほんとに号泣モノ。


日本でももっと宣伝してくれればよかったのに

音楽もとっても美しく

映画館で是非観たかった。




かいかくななごう

いいえいがです









海角七号/君想う、国境の南 [DVD]海角七号/君想う、国境の南 [DVD]
(2010/06/25)
ファン・イーチェン田中千絵

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2010/07/14(水) 10:51:34|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KYOKO さん | ホーム | ねったいや>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://artichoke112.blog44.fc2.com/tb.php/608-6dac3144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。